TOP マイクロスコープ マイクロスコープと顕微鏡

マイクロスコープと顕微鏡の目次

  1. マイクロスコープと顕微鏡
  2. マイクロスコープの使い道について
  3. マイクロスコープの現状
  4. 私達の身近なところで活躍するマイクロスコープ

マイクロスコープと顕微鏡

マイクロスコープは顕微鏡として考えることに間違いはありませんが、実体顕微鏡と異なるもので、種類としては光学顕微鏡になります。両者の違いは倍率の違いが大きくあり、数百倍の倍率で観察をおこなうことも可能になります。

また、マイクロスコープの特徴の一つには、モニターを通して観察することがあげられます。近年ではこの解消度が格段に良くなっていることから、さまざまな現場で利用されるようになっていて、新たな発見や治療などの際には役立ち、なくてはならないものになっています。

医療の現場においても新たな治療法に役立てられていますので、今ではマイクロスコープは重要な装置の一つになっています。

マイクロスコープの使い道について

マイクロスコープは、簡単に言うと拡大鏡のメガネのことです。プラスチックス製のレンズで、軽く衝撃に強く、壊れにくいといったメリットがあります。裁縫で針に糸を通す、模型作りなどの日常的な細かい作業でも活用できます。

新聞や雑誌などの細かい文字が見えにくいといったときにもおすすめです。拡大率は1.6、1.8など、数種類から選ぶことが出来ます。値段は手ごろなものから高いものまで様々です。目が見え難くなることで、不便に感じたり、趣味の楽しみでさえ苦痛になることもありますが、このマイクロスコープがあれば、その辛さから解放されるはずです。

マイクロスコープ製造メーカーをチェック!
株式会社セルミック
本社 〒525-0032 滋賀県草津市大路1-1-1 エルティくさつ 4階
http://www.selmic.co.jp/

大阪支店 〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル5F
名古屋支店 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-18-1
ハイスピードカメラ・画像処理ソフト開発・デジタルマイクロスコープ(カメラ・高倍率ズームレンズ)・空気清浄機を扱っています。

マイクロスコープの現状

マイクロスコープは手術等で使う電子顕微鏡の一種で、モニターへ拡大画像を映し出すことができます。眼科の角膜治療をはじめとして、医療の分野で幅広く活用されています。

1980年以降は歯医者での根管治療やインプラント治療などで重宝されています。スマートフォンにつなげるような手軽で安価なものも販売されていますが、精度の高いマイクロスコープは高額のため、すべての医療機関に導入することが難しいのも現状です。

自由診療で自費扱いとなり、患者の費用もかさみますので、平等に治療を受けられるようになるために、機器のコストダウンが望まれます。

私達の身近なところで活躍するマイクロスコープ

美容院での頭皮チェック、歯医者の治療や病院での検査、道路や建物のパイプ内のつまりなどをチェックするときに用いられるのがマイクロスコープです。手の届かない場所や覗きにくい場所へカメラを入れ、映像を拡大してみることができる機器です。

科学者や研究者が使う専門的な印象を受けますが、実は私たちの身近なところで活躍しています。形状や大きさなどさまざまで、持ち運びしやすいハンディタイプや、より多くの機能を搭載した大型のものなど、用途に特化した製品があります。

価格も幅が広く、数千円程度で個人でも購入できるものから、専門性が高く高価なモデルまでピンからキリまで存在します。

デジタルマイクロスコープがすごい

MENU

TOP ルアー ルアーフィッシング マイクロスコープ 賃貸 梅田賃貸 賃貸大阪

「Lure Magazine ルアーマガジン」ではルアーを使用した釣りに関する情報をご紹介しています。マイクロスコープや大阪梅田の賃貸のコンテンツも充実させていきます。当サイトについてはこちらをご覧ください。

賃貸物件やマイクロスコープ情報の真偽については責任を負いかねます。